タイメディカルハーブを考える

タイメディカルハーブを中心に「食」と「健康」を考えます。日本では紹介されていないタイメディカルハーブなども紹介していきます。

ファータライチョン(ファータライジョン)和名:センシンレン(タイの薬草学)

f:id:maetyuu0623:20170326001137j:plain

ファータライチョン(ファータライジョン)は日本名、センシンレンと言います。タイだけでなく、インドのアーユルヴェーダ(インド伝統医学)でも、このファータライチョンは使われており、風邪の治療薬として使われてきました。

現在、このファータライチョンは各国の製薬会社で、主に3つの研究が進められているメディカルハーブです。

①新型インフルエンザの薬
タミフルが中華料理で使われる八角の中の成分から発見されたように、現在、各国の伝統医学で使用されている薬草や薬の研究が非常に盛んです。このファータライチョンは抗菌作用、殺菌作用が強いため、インフルエンザウィルスを死滅させる成分の研究が盛んに行われています。
近年の研究では、新型インフルエンザウィルスや鳥インフルエンザウィルスなどに対しても殺菌性があることがわかっており、その分野においても非常に注目されています。

②坑HIV
ファータライチョンは抗菌・殺菌作用だけではなく、体の免疫力も高めてくれる効果があるメディカルハーブです。ですので、免疫力が弱まってしまうHIVウィルス(ヒト免疫不全ウィルス)の症状に対しては非常に効果が高いことがわかっています。タイでは、HIV感染者に対してファータライチョンを投与して一定の効果が発表されています。

③肝硬変の薬
日本では処方がありませんが、肝臓障害に対して使われるレガロンという薬がありますが、そのレガロンを上回る効果が報告されています。
また、繊維化してしまった肝細胞が復活したという報告もあり、各医薬品企業は成分の特定と抽出に躍起になっています。
ちなみにレガロンという薬もマリアアザミの中にある、シリマリンという成分から作られています。

ファータライチョン:センシンレン:ウコンよりスゴイ万能&肝機能強化ハーブ|超自然農法で作られた、完全無農薬・ノーケミカルのメディカルハーブサプリメント メディカルハーブサラダ